2018/09/01 12:09


Marko foam blanksに別注をかけて実現。多くの可能性を秘めたEPSブランクス


Marko foam blanksが届きました。Marko波にベストなフレックスを授けてくれます。ロッカーはオリジナルでIolani、PEPPER、D-FLEX、コンペティブなモデルならJT-1がオーダー可能です。

Markoは従来のEPSよりセルの目が細かく、フレックス性、強度、シェイプのしやすさ等に優れた良質なブランクスです。湘南の小波ビーチブレイクに対してのさらなるフレックス性を追求し、平らな波の上でも走るブランクスを依頼し開発しました。

今まではブランクスといえばご存知「クラークフォーム」だったわけですが、その撤退で一気に脚光を浴びることに。

マーコ社のサーフボードブランクスの製造は、なんと1961年から。

しっかりとした伝統もあります。

それにしても、おもしろいのはこのマーコ社、ワイン、ビールのボトルのパッケージなども作っていること。

Marko foam blanksのEPSに限り、各モデルPU料金にプラス20,000+TAXと、通常のEPSオーダーよりコストパフォーマンスにも優れています。PUブランクスの2.5倍のスピーディーな乗り心地は、新しいサーフィンを発見できるはず!

クリスタルドリームsurfboardのファンにはたまりませんね!


  • Home
  • About
  • Blog